お金、ビジネス

衝動買いと自尊心,ストレスの関係を調べた研究のお話

「衝動買いしてしまう癖を直したい!」っていう人は少なくないでしょう.衝動買いをしてしまう人は,経済的に苦しみやすいだけじゃなくて,

  • メンタルが落ち込む
  • 人間関係が悪化しやすい
  • ウェルビーイングが低下しがち


みたいな報告があったりします.そのほかにも,衝動買いをする人が多い国ほど,国家レベルで経済危機に陥りやすいというデータもあったりして,思っている以上に深刻な問題につながる可能性があるみたいなんですよね.

といったところでベイラー大学の研究(R)では,「衝動買いのしやすさは自尊心とどう関係してるのか?」みたいなポイントを調べてくれておりました.

というのも,自尊感情の中でも特に「随伴性自尊感情」のレベルが高い人は衝動買い傾向が強いってことが多くのデータで報告されているんですよね.

「随伴性自尊感情」っていうのは,仕事や学校等でいい成績を残して他人に褒められたい・崇められたい,みたいに,周囲からの評価に基づく自尊感情のことで,外的な社会的評価に左右されてしまうためにいろんな悪影響が想定されていたりします.

殊買い物の場面においては,「このバッグを持っていれば人に高く評価してもらえるかも!」「あの人も買っていたから自分も買わなければ!」みたいな感じで,随伴性自尊感情が高い人は「自分が本当に欲しいのか?」っていう本来的な目的を見失いがちだったりすると考えられております.



そんなところで研究のお話に戻りますが,これは3つの実験で構成されていて,最初の実験では,402人の大人(18歳から65歳以上まで幅広く)を集めて,以下のポイントを調べる質問に回答してもらったんだそう.

  • 衝動買いをする気質
  • 随伴性自尊感情
  • 他人にネガティブな評価をされてしまうことに対する恐怖
  • 社会的なアイデンティティをどのくらい重要視しているか


最後の2つは自尊感情に強く影響していると考えられている要素ですね.

で,結果がどうだったかというと,

  • 随伴性自尊感情のレベルが高い人は衝動買いの気質が強かった.

  • この傾向のほとんどは,他人からの評価の恐怖,社会的なアイデンティティによって説明できた


だったそうです.他人の目を気にする人ほど随伴性自尊心が高く,衝動買いをしやすくなるのではないか,と.他人の目をあまり気にしなくできれば衝動買いの欲望を抑えられるかもしれないわけっすね.



2つ目,3つ目の実験では,この結果をさらに深堀しておりまして,気分によってその影響は変わるんじゃない?ってのを調べたそうな.実験のデザインをざっくり確認すると,

  1. 合計403人の学部生を集めて,自尊感情等を図る質問に回答してもらう.
  2. ストレスを感じさせるシナリオに取り組んでもらう.
  3. その後,どのくらいストレスや不安を感じたかを測る.
  4. シナリオとは全く無関係の商品を提示して,それにいくらのお金を払うかをチェック.


みたいになってます.ストレスフルな状況に身を置くことで,随伴性自尊心と衝動買いとの関係に影響が出るか?ってのを調べたわけですね.

その結果は,

  • ストレスフルな状況を体験し,不安レベルが高くなると,随伴性自尊感情と衝動買いの相関が強くなった.
  • また,不安レベルが高くなると,自己を表現することに対する懸念が高まり,特に社会的なアイデンティティに対する注意が向上していた.


みたいな感じだったそう.人からどう見られるかを心配しがちな人がストレス・不安を経験すると,余計なものにお金を払ってしまうリスクがさらに高まるかもしれないわけです.

ちなみに,幅広い年代の大人を対象にした一つ目の実験では他人の評価に対する恐怖の影響が強かったのに対して,学部生に絞った2,3個目の実験では社会的なアイデンティティの影響が強かったらしく,年齢によっても影響を与える要素は多少違うのかもしれません.

研究チーム曰く,

我々の調査と2つの実験の結果は,随伴性自尊感情と衝動買いの関係性は,人が公のペルソナや,ネガティブに評価されることに対する恐怖を強く抱いていることが大きく影響していることを示唆している.


とのこと.多少種類が違うかもしれないけど,幅広い年代の人において,周囲の目を気にしすぎるとお金の消費が荒くなってしまう可能性は高い,というわけですな.

逆に,衝動買いをしてしまうと後で冷静になったときに自分に対する評価を下げてしまって,負のスパイラルに陥る可能性もあります.てなわけで,衝動買いの癖を直したい人は,

  • とりあえずトラブルを抱えたら日用品に絞って買うようにして,買い物に対する自己コントロール感を育成する.
  • 高級品を買いたくなったら,「このお金で別なものが買えないか?」と検討するようにする.
  • 長期的には,身体を鍛えてボディイメージを向上させるなどして,他人の目があまりに気にならないようにする.


みたいに,短期的な対策と長期的な対策をうまく組み合わせて対処してみるといいかもしれません.

参考になれば幸いです.質問やコメントなどありましたらTwitterやお問い合わせのページからご連絡いただけると嬉しいです.

それではっ!

-お金、ビジネス
-, , ,

© 2022 おくさんずラボ Powered by AFFINGER5