健康

不足するとやばい!ビタミンDががん死亡リスクを下げるぞ!というメタ分析の話

ご存じの通り,ビタミンDって大事だよねーって話があります.血管や炎症にもポジティブな効果があったりして,病気のリスクを下げてくれるし,運動のパフォーマンスをあげてくれるし,頭もよくなる!なんて言われてたりもします.

過去の研究なんかを見てみると,ビタミンDレベルの低い人は死亡率が高い!という結果が出ていて,じゃあサプリでビタミンDを補えば死亡リスクが下がるんじゃね?みたいなことが考えられます.

もっとも,ビタミンDのサプリと死亡リスクを調べた研究は一貫していなくて,過去のメタ分析なんかを見ても,

  • ビタミンDサプリで死亡リスクを少し下げてくれるかも?いや,効果ないかも?


みたいな結論になっていたんですよね.





で,今回の論文(R)では,新しい研究を加えてそこのところを詳しく調べてくれておりました.



これは,成都大学等によるメタ分析で,過去のビタミンD研究から信頼性の高い50件を選び,精査されたものとなっています.総対象者は74,655人,実験期間は平均1.2年,年齢,サンプル国も幅広く,期間中の死亡総数は7993件で,特に総死亡リスクとの関係では質の高いものと言えます.



で,その結果はこんな感じになりました.

  • ビタミンDサプリは総死亡リスクと関係がみられなかった.

  • ビタミンD3サプリのみ,がん死亡率の15%の低下との相関がみられた.

  • 総死亡リスクはビタミンD3のほうがビタミンD2よりも優位に低かった.

  • 期間の長い調査のほうが死亡リスクが低かった.


ということで,ビタミンDを継続的に飲んでおくと,あらゆるタイプのがん死亡リスクを下げてくれるんだそう.これはうれしいですね.

ちなみにビタミンD2じゃダメな理由については,25ヒドロキシビタミンが影響しているんじゃない?と考えられていました.まあ,でも一般的にビタミンDサプリと言えばビタミンD3なんで,今まで通り飲み続けてもらえばいいんじゃないでしょうか.



この研究だけを見ると,死亡リスクを下げるには少なくとも3年くらい継続しなければいけないみたいな感じなんですが,1年で効果出た!という報告があったりしますんで,気長に続けていただければと思います.



研究チーム曰く,

このメタ分析は,ビタミンDサプリによってがん死亡リスクが下がるという考えを支持しており,このがん死亡リスクの低減という役割に的を絞ったサプリの補給が適切かもしれない.


ってことで,殊死亡リスクという点に関しては,ビタミンDはがんのリスクを下げるために使うのがいいんじゃないかってことですな.



というわけで,あまり外に出ない方は特に,ビタミンD(D2じゃなくてD3!)を切らさないようにご注意くださいませ.



参考になれば幸いです.質問やコメントなどありましたらTwitterなどでご連絡いただけると嬉しいです.



それではっ!

<おすすめ本とか>

-健康
-, ,

© 2022 おくさんずラボ Powered by AFFINGER5