健康

「動けるデブは健康か?」38万人を11年間追跡してわかったこと【MHO】

「肥満が健康に良くない!」っていうのは周知の事実.例えば,糖尿病や高血圧,心血管疾患,総死亡リスク等が大きく上昇する,みたいなことが大量に報告されています.

ただ,「体重やBMIが高い人の中でも,健康な人もいるんじゃないの?」ってことも指摘されておりまして,そんな人たちのことを「MHO(metabolically healthy obesity)」とか呼んでいたりします.つまり,BMIが高くても血管や代謝の機能が十分に働いていれば特に問題ないんじゃない?っていうわけです.

で,新しいデータ(R)では,「MHOの人たちって本当に健康なの?」ってのを探ってくれていていい感じです.



これは,グラスゴー大学などの前向きコホート研究で,UKバイオバンクの38万人以上の参加者を対象にして11.2年くらい追跡したもの.

調査に当たってまず,参加者をBMIと代謝的な状態から,以下の4つのグループに分類しております.

  • MHO:代謝的に健康な肥満.
  • MUO:代謝的に不健康な肥満
  • MHN:代謝的に健康な標準体重
  • MUN:代謝的に不健康な標準体重


ここでいう「肥満」の定義は,BMIが30kg/m2以上,代謝的な健康の尺度としては,血圧,CRP,コレステロール,トリアシルグリセロール,HbA1cが調べられました.

BMIは高いけどこれらの要素の状態は良好な人たちは,全身の炎症やインスリンの問題等を抱えづらくて,肥満に関連した病気のリスクも減るのか?ってのをチェックしたわけです.



まずは,調査で分かったMHOの人の特徴を並べてみると,

  • 一般的な(代謝的に不健康な)肥満の人と比べると,年齢が若い
  • テレビを見る時間が短い
  • 良く運動する
  • 教育レベルが高い
  • 生活水準が高い
  • 男性より女性に多い
  • 加工肉やレッドミートをよく食べる


といった感じで,食生活を除けば運動もするし,テレビの時間は短いし,ってことで一見健康的な生活を送っている人に多いみたいっすね.



でもって,MHOの人たちの病気のリスクを見てみると,こんな感じ.

  • MHOの人たちは,肥満ではない人に比べて,
    • 心不全のリスクが60%高かった
    • 呼吸器疾患のリスクが20%高かった
    • 総死亡リスクは12%高かった
    • 心不全による死亡リスクは44%高かった
    • ASCVD(動脈硬化性心血管疾患)のリスクに有意差はなかった

  • MHNの人(肥満でなく代謝も健康)に比べた場合には,
    • 2型糖尿病リスクが4.3倍高かった
    • 心臓発作や脳卒中のリスクが18%高かった
    • 心不全のリスクが76%高かった
    • 呼吸器疾患のリスクが28%高かった
    • 慢性閉塞性肺疾患のリスクが19%高かった
    • 総死亡リスクは22%高かった


みたいな感じ.そのほか,MUN(肥満ではないが代謝の状態がよくない)の人と比べた場合でも,心不全のリスクが28%高い,みたいな結果も出ていて,代謝・血管の状態がよくても肥満関連の病気のリスクはなお相当高いことが見て取れます.

逆に言うと,体重を落とすだけでこれだけの病気のリスクを下げられると思うと,結構すごい数値じゃないでしょうか.



研究チーム曰く,

この結果のキーポイントは,たとえ正常な代謝プロファイルを有していたとしても,肥満の人の心不全や呼吸器疾患のような多くの重要なアウトカムのリスクが上昇していたことである.

医療の現場でこの集団を表現するのに,「代謝的に健康」というレッテルを使うのは,ミスリーディングであり,回避すべきだ.


とのこと.代謝的な指標がよかったとしても,肥満である限り病気のリスクは相当高いままなんだから,その状態を肯定するような表現は避けた方がいいんじゃねーの?,と.

たしかに,お医者さんに「代謝的には健康です」とか言われたら,「何はともあれ健康ならいっか」って思って特に体重を落とそうとは思わないですもんね.



この研究ではさらに,

  • MHOの人の半分は4.4年後にもMHOの状態のままだった
  • MHOの人の3分の1以上が3~5年以内に代謝の状態も不健康になっていた!


っていうおもしろい結果も出ておりました.現段階では代謝の状態こそ良好だとしても,数年のうちに結局そのアドバンテージも失ってしまう可能性が十分に高い,ってこと.「MHOは若い人に多い」っていうのもここら辺と関係しているんでしょうね.

また,ちゃんと意識的に体重を落とそうとしない限り,状況は改善しないしむしろ悪い方向に行っちゃう危険性も相当高いなーとか思いました.



研究チームは,

私たちの結果は,MUOの人に比べて,MHOの人の心血管疾患や呼吸系疾患のリスクが低い可能性を示唆しているが,そのリスクは,肥満でなく代謝的にも健康な人と比べれば依然として高く,その傾向は特に心不全や呼吸器疾患において顕著にみられる.

これらの発見は,現段階では代謝的なプロファイルに異常性がみられないとしても,肥満の人が体重管理を行うことは有益であろう.

とコメントしておられます.MHOの人の病気や死亡リスクが高い!ってことは他の長期研究でも同様の結果がみられておりますんで,これは結構説得的な内容でしょう.

というわけで,「代謝的に健康な肥満=不健康!」ってことで,現段階で太り気味の方は気を付けてもらうとともに,今は標準的な体重の方も体重管理には十分ご注意を,ってことで.ひとたび肥満になっちゃうと抜け出すのは,相当大変みたいですからね.

ちなみに,2030年には世界の5人に1人が肥満になるといわれていたりします.他人ごとだと思っているとあっという間におなかがポッコリしてくる可能性があるんで,十分気を付けておいた方がいいかもしれないっすね.

参考になれば幸いです.質問やコメントなどありましたらTwitterやお問い合わせのページからご連絡いただけると嬉しいです.

それではっ!

-健康
-, , , , ,

© 2022 おくさんずラボ Powered by AFFINGER5