恋愛

失恋前後で言葉の使い方がどう変わるか?問題

失恋はだれしもつらいもので,多かれ少なかれ日常生活における言動にも影響が及んでしまうものです.そんな中で新しい研究(R)では,「失恋前後では,言葉の使い方にどう違いが出るか?」みたいなポイントを調べていて,おもしろかったです.

これは,テキサス大学オースティン校の研究で,Redditっていう電子掲示板における発言を調査したしたそう.調査に含まれた,失恋についてコメントしていたユーザーは6,803人で,そのコメントの総数は1,027,541件だったそう.結構大規模な感じがしますね.で,それらのコメントを分析して,失恋前後の言葉の使い方など,SNS上の言動の変化を調べたわけです.

その結果,以下のような傾向が確認されました.

  • 失恋の前後の期間では,"I", "we"の使用頻度が増え,感情的な言葉が増えた.
  • 失恋の前後では,分析的な言葉が減り,個人的,インフォーマルな言葉が増えた.
  • これらの傾向は,失恋やパートナーとの関係以外のトピックにおける発言でも同様に確認された.
  • また,これらの傾向は最大で失恋の3か月前から見られ,失恋後6か月間継続した.
  • 失恋に関して投稿する期間が多い人ほど,言葉の使い方がベースラインに戻るまでの時間が長い傾向がみられた.
  • さらに,同様の傾向が離婚とかの場合でも確認された.



といった感じ.どうしても感情が高ぶってしまって,自分中心,感情的な表現が増えてしまうのは想像に難くないですが,この傾向が他の話題の会話の時でも見られるし,さらに半年くらい続く可能性があるってのは,失恋のショックの大きさをうかがい知れますな.

一番最後の,失恋の投稿が増えるほど元に戻るのに時間がかかる,というポイントについて研究チームは以下のようにコメントしています.

因果関係は不明であるが,長期間失恋について投稿すると,失恋のショックから一歩踏み出すのを困難にする可能性がある.


別の研究(R)なんかを見てみても,

  • Facebookを使っていると,元恋人を思い出させる情報があらゆる方向から舞い込んできて,失恋から立ち直るのが大変になる!


みたいな報告があったりします.いやでもSNSの便利機能が古傷をえぐってきて,元恋人との距離を取りにくいってわけですな.

でも,「筆記開示でショックからの立ち直りが早くなるんじゃないの?」みたいな疑問もあるわけですが,やはりその効果が最大限発揮されるのは自分一人で感情・思考を書き出した場合なのでしょうな.

筆記開示の目的は,ぐちゃぐちゃになった自分の頭の中の情報をいったん外に出して,整理しよう,みたいな点にあるわけです.もっとも,さっきも述べた通り,SNSとかに書き出しても,脳内の情報を外に出すというよりむしろ,新しい情報とかがどんどん入ってきちゃったりします.その結果,筆記開示の恩恵を最大限享受できない,むしろ逆効果になる可能性があると考えられます.また,どうしても,人から見られる!っていう意識が邪魔してきて,ありのままをさらけ出しにくかったりもしますしね.

というわけで,まとめると,

  • パートナーの言葉遣いの微妙な変化には気を付けること!
  • 失恋前後は自分の言葉遣いがいろんな分野で変わってしまっていることを理解すること!
  • 失恋のショックを書き出すならSNSではなく自分一人だけの状況で行うこと!


といった感じでしょうか.参考になれば幸いです.質問やコメントなどありましたらTwitterなどでご連絡いただけると嬉しいです.

それではっ!

<おすすめ本>

-恋愛
-, ,

© 2022 おくさんずラボ Powered by AFFINGER5